便利なサービス調べてみた

アラフォー男子は便利なサービスに興味津々。気になったサービスをとりあえず調べたり、体験してみたり。

Apple Watch Series 7が残念だったので12.9インチiPad Proを買った話

f:id:lifesearch:20210919185521j:plain

本当は買う気マンマンだったが…

あなたはiPhone13を予約しましたか?

もしくはiPad miniでしょうか?

 

iPhoneについては良くも悪くも、予想通りマイナーアップデートな印象でしたね。

正直「13」のナンバリングが不思議なくらいでした…

というわけで、今回のiPhoneは限りある予算の中では自ずとパスw

 

個人的に注目をしていたのはApple Watch Series 7。

出回っていたリークの様なフラットなデザインにはならなかったものの、洗練された丸みを帯びたフォルムと画面の拡大、常時点灯の明るさアップには購買意欲を刺激されました。

 

ですが…

問題なのは機能の拡張がほとんど見受けられず、ほぼSeries 6と同じであったこと。

 

ぶっちゃけ、今回のApple Watchは買うつもりでいたんです。

でも、公式ページでのヘルスケア機能のプレゼンが血中酸素アプリから始まっていたことで、すっかり熱が冷めてしまいました…

 

え〜っと…その、なんだ…これ、結局Series 6やん。

 

確かにリニューアルされたルックスは良い。

しかし中身に進化の無いものに8万以上を費やすことは出来ない…

 

トドメを刺したのはiPad miniの登場

今回の製品群で最も話題になったのはやはりiPad miniでしょう。

ほぼリークどおりの仕様だったことから正直驚きは少なかったものの、とても良いアップデートだと思いました。

しかし、このアップデートが私の中で燻っていた不満を炙り出してしまったのです…

 

それはiPad Airのトップボタン指紋認証

 

iPad miniのフルディスプレイ化は大歓迎ですし、正当進化だと心から思います。

でも認証方式がトップボタンTouch IDだったことにガッカリしたのです。

 

トップボタン指紋認証はかったるい

私が使用しているメインのiPadiPad Air(第4世代)です。

とてもバランスの取れた機種で満足はしています。

でも…

 

実は…

 

指紋認証だけがどうしても許せません…

とにかく腕を伸ばして認証するのがかったるいのです。

 

トップボタン式のTouch IDはアンロックまで少し時間がかかります。

つまり腕を伸ばしている時間が長いので、その動作を繰り返していると疲れてくるのです。

だからこそiPad miniが同じ仕様になった事に、残念な気持ちになってしまいました。

 

要約すると、私はiPadにはFace IDを求めている事に気がついてしまったのです。

 

今週、僕が浮気します

すると俄然欲しくなるのはiPad Pro。

しかも私が未だ未体験の12.9インチ…

 

そもそも今回、Apple Watch Series 7に8万円ほど注ぎ込む覚悟を決めていました。

でも結果的には散財の二の足を踏むアップデート…

 

軽い失意の中、何気なくApple Storeの整備済製品を検索してみると、88,800円で12.9インチiPad Proが豊富に出ているじゃないですかwww

 

Watchに散財する気マンマンだった私は…サカリのついた欲望をiPad Proに向けて…

 

迷わずポチりました。

 

はいw

 

f:id:lifesearch:20210919192609j:plain

 

相変わらずきっちり翌日に届き、Face IDの快適さをしっかりと堪能。

燻っていた不満はあっという間に解消されてしまいましたw

しかも12.9インチという画面の大きさはとにかく正義。

忘れかけていたiPadの楽しさを久しぶりに堪能しましたよ。

 

12.9インチは使う人をかなり限定するというレビューが多かった為、心配していた部分もあるのですがファーストインプレッションでは全く不満点はありません。

現在我が家には3台のiPadが存在している事になり、さすがに過剰なためiPad Airは売却、12.9インチとiPad miniの、最大・最小コンビで運用しようと思っています。

実際に使ってみて実感しましたが、最大・最小コンビの実用性は隙がなく完璧かも。

 

ちなみにiPad mini6ももちろん欲しくはなりましたが、iPad mini5にとても愛着があるので買い替えません。

トップボタン式Touch IDも気に入らないしねw

Apple Watch Series 7のケースサイズは41mmと45mmで確定だろう(たぶん)

f:id:lifesearch:20210915125707j:plain

ARにヒントがあった!

あなたはAppleイベント楽しみましたか?

 

私は体力的に起きていられなかったので、今朝チェックをした次第です。

個人的に注目していたのはApple Watch Series 7。

 

リークは外れ、デザインは角張りませんでしたね。

ただし、より洗練された丸みは個人的に好感でした。

進化した点はぶっちゃけ少なかったものの、

このデザインと画面サイズの拡大は購買意欲をある程度刺激しましたよwww

 

発表機種については思う所が多々あれど、

記事にしている時間が取れないので一番インパクトのあった発見を。

41mmと45mmで確定な証拠

記事タイトルでネタバレしてますが、Apple Watch Series 7が41mmと45mmで確定な証拠を発見しました。

実は現在のApple Watchの紹介ページにはケースサイズの表記が見当たらず、ケースデザインのリークが外れたように、40mmと44mm仕様のままの可能性がありました。

 

しかしARでApple Watchの裏側を覗き込んでみると...

 

f:id:lifesearch:20210915124912j:plain

ケースに45mmの刻印が!

って記事書いてたらバンドにも書いてあるやん!w

 

時間が無いのでスクショのマークアップは直しませんが、さすがにこれ確定でしょ。

情報不足の中、少しはスッキリしたかな...

 

そして、現実的にApple Watch Series 7を買うかどうかは...

じっくり考えて、いつか記事にしますw

それでは。

Apple Watch Series7のバンド互換性が気になって仕方ない

f:id:lifesearch:20210906212258j:plain

Appleはユーザーを無慈悲に振り切るか?

どうも。

気がついたら9月になってしまっていました…w

 

9月といえば我らがAppleイベントの開催月とされています。

イベントでは新型iPhoneの発表が期待されますが、Apple Watch Series7の発表も同時にされるのでは?という予想が主流となっています。

 

Apple Watch Series7といえば、ケースデザインがリニューアルされると言われています。

私も過去記事で触れていましたが、当初どうにも受け付けないデザインだと思っていたものの、今日に至るまでにすっかり見慣れてしまい買う気マンマンになっていますw

これこそがまさにApple信者あるあるですねw

lifesearch.hatenablog.jp

 

ただし気になる点が一つ。

それはバンドの規格が変わってしまう可能性がある事。

なぜならば今回はケースサイズが大きくなるらしいからです。

変更後のサイズは、現行サイズより1mm大きい41mm/45mm。

このサイズ変更によって今までのバンドとは互換性が無くなるのでは?

との声が多数です。

 

Apple Watchといえばバンド沼にハマる事も楽しみの一つ。

もちろん私もその沼にハマり、できるだけ純正品を頑張って集めまくりました。(フリマアプリ大活躍)

そのコレクションが使い回しできないとなると…

 

さすがに少し購買意欲を削ぎますね…w

 

でもそこはApple

仕様を変更すると決めたら無慈悲にユーザーの希望を打ち砕きます。

 

6シリーズの長きに渡って互換性を維持してくれたので、さすがにそろそろ独自の道を歩み始めるかもしれません…

 

でも…仕方ないとは思いつつも…

たった1mmの違いなので、何とかうまく規格化して手持ちのバンドコレクションが無駄にならないようにしてもらえないでしょうか…(切実)

Amazonさんから(お詫びの)お手紙届いた…(その4)

f:id:lifesearch:20210905203749j:plain

ポイント付与の遅れは気のせいじゃなかった

プライムデースタンプラリー」で500ポイントが当選した私。

そのポイント付与が遅れている事を前回の記事にしましたが、Amazonさんから正式に遅延のお詫びメールが届きましたw

 

天下のAmazonさんとはいえ、そもそもポイントの付与タイミングについてはいつも揺らぎがあるなぁ、という印象でしたので今回もそれほど気にはしていませんでした。

ただ、こうして正式に経緯の説明がなされるとやはり安心感と誠実さが増しますね。

今では無事に当選分の500ポイントが付与され、衝動買いの誘惑と戦う日々ですw

Amazonさんからお手紙届いた…(その3)

f:id:lifesearch:20210817213121j:plain

抽選ってホントに当たるんだね

あなたはAmazonの買い物を楽しんでいますか?

そして、前回のプライムデーは楽しみましたか?

 

もちろん私も日々、しっかりとAmazonを楽しみ、前回のプライムデーも満喫しました。

その際に「プライムデースタンプラリー」なるイベントにも参加したのですが、

 

なんと500ポイントに当選!

 

過去の当選実績は50ポイントだった事を考えると、かなり実用的な額ゆえに大興奮!

これは本当に嬉しいですね…

日々Amazonにお布施をしまくっている甲斐があるというものですw

 

lifesearch.hatenablog.jp

 

ちなみにこのお手紙から10日目になりましたが、今のところポイント付与の形跡はなし…

お手紙から10日以内に付与してくれるって書いてたのに…

この辺は割とAmazonさんはアバウトなのを知ってるので、もう少し待ってみますw

 

いやー、でもこうして不定期にアメを渡されるので、余計に熱を入れてお金を使っちゃうんだよな…

一応“抽選”って事になってますけど、こういうのって作為的ですよねw

まぁ、納得して溺れている身なので別に良いのです。

これで良いのです。

 

そして、図らずも今日はタイムセール祭りが開催されていますね!

さすがに今回の散財は控えるつもりですが、Apple Watch Series 5がだいぶ安くなってます。

最新モデルにこだわらない方はこの機会に狙うと幸せになれると思いますよ!

 

lifesearch.hatenablog.jp

次期iPhoneは「iPhone13」で確定(ぽい)

f:id:lifesearch:20210816212453j:plain

そうか、まもなくだもんな

13という数字が不吉だという事で見送られそうだった次期iPhoneのナンバリングですが、発表の噂がある9月が間近に迫り、「iPhone13」で確定だろうという論調になっています。

 

lifesearch.hatenablog.jp

 

ただし、今年のiPhoneに噂されている進化は個人的には微妙な範囲…

「iPhone13」と言ってしまえば聞こえは良いのですが、もしかしたらマイナーアップデートのスケール感に収まるかもしれません。

 

その内容はというと

 

  • ノッチの小型化(正直ここまで来たらもう小さくなっても…)
  • カメラ性能の向上(いや、正直もう良いでしょ…w)
  • リフレッシュレート120Hzディスプレイの搭載(これは良い!ですね)
  • ディスプレイの常時点灯(これ意味あんの?)

という感じです。

あくまで噂なので、もっと大きな進化があるのかもしれませんが、この噂のままではちょっと地味なものを感じてしまいますね。

12でボディデザインのリニューアルに大成功した事を踏まえると、あまり売れない世代になるのでは?と余計なお世話も焼きたくなります…w

 

ただ間違いなく言えるのは…

 

 

それでも発売されたら絶対欲しくなるwww

 

lifesearch.hatenablog.jp

Apple Watchのケース選びに悩んでいるあなたへ

f:id:lifesearch:20210815192156j:plain

もう悩まない!オススメのケースはこれだ!

Apple Watchユーザー、そしてApple Watchを検討している人は

「アルミモデル」と「ステンレスモデル(またはそれ以上)」

のどちらを選ぶのかで悩んだ経験があるのではないでしょうか?

 

結論から言って、私は絶対に「ステンレスモデル」派。

 

確かにステンレスには重さという最も大きなデメリットがあります。

 

ではなぜ「ステンレスモデル」を選ぶのか?

 

それは画面の傷つきにくさです。

 

 

そんな理由で差額を払うのか?

 

と思ったあなた。

これから挙げる理由を見れば、あなたも迷いは無くなるかもしれません。

 

確かに「アルミモデル」には

  • 安い
  • 軽い

という大きなメリットが備わっています。

しかし実際に使ってみて分かるこそ分かるデメリットがあります。

それは

“画面の傷付きやすさ“

 

どれぐらい傷つきやすいのかというと、

「ちょっと爪が伸びている状態で引っかかるようなスワイプをする」

と傷が付くレベル…

 

正確には目立つ傷にはなりませんが、光にかざしてみると見事な小傷になっている事に気が付き、愕然としますよw

 

アルミモデルの抱えるジレンマ

Apple Watchのコンセプト的には、その昔Sportsモデルという区分がありまして、アルミは軽量な事からまさにスポーツをする人向けとして打ち出しされていました。

現在では明確に説明せずともそのイメージがうまく継承され、

 

  • スポーティに使いたい人は「アルミモデル」
  • ファッション的に使いたい人は「ステンレスモデル」

 

という棲み分けが自然になされていると思います。

だからこそアクティブな人は「アルミモデル」を選ぶのが当然な感じがしますが、その場合アクティブに使い回すほどに激しく傷が増えるジレンマを抱える事になりますw

 

今でこそApple Watchも安めのプロダクトになりましたが、やはりいつまでも綺麗に美しく使いたいですよね?

でも「アルミモデル」は…

 

ぶっちゃけ初日から傷付くんですw

 

これを許せるかどうかでケース選びは変わってくるでしょう。

 

反して「ステンレスモデル」は恐ろしく屈強です。

毎日激しい環境の中、年単位で使っていても画面はピカピカツルツル!

これは一度「アルミモデル」ユーザーを経験してからの方が感動の度合いが大きいと思います。

 

当然画面の保護フィルムなんか不要ですし、何より気兼ねなく使える気持ち良さと言ったら!

この気兼ねなさだけにでも差額の価値があるのに、さらにルックスもゴージャスで所有感も満たす。

 

だからこそ、予算にある程度の余裕があるのならば、

絶対に「ステンレスモデル(またはそれ以上)」をオススメします。

満足感が全く違いますよ!

 

傷付いても格調高いステン

ちなみに画面の傷つきやすさを話題に挙げると

 

「ステンレスはケースの傷つきが気になるやんwww」

 

という反論が必ず出てきます。

 

でも現実的にはケースの傷つきやすさも「アルミモデル」の方が上なんですw

柔らかいアルミなので当然ですよね。

 

もちろん「ステンレスモデル」もしっかり傷付きますが、良い感じに味になります。

光沢がある分傷が目立ちにくいのも良い所ですし、シルバーに限っては自分で磨いて修復もできるみたいです。(推奨はしませんが)

 

というワケで、Series7の登場が間近と言われる今、絶対に誰もが悩むケース選びについては「ステンレスモデル」がオススメ!という結論になります。

 

Series7は9月登場か?

過去記事ではSeries7のケースデザインが気に入らないという話をしていましたが、少しづつ欲しくなり始めてきた自分がいますw

大きな変化・進化はケースデザインだけだと分かっているのですけどね…

このままいくと結局買ってしまいそうですw

 

あ!そういえば、アルミモデルの最も悪い点を忘れていました。

 

それはケースが腐食する事。

 

汗を掻いたまま手入れを怠ると、そこから次第に腐食してしまうのです。

私は毎日水洗いをしていましたが、それでも腐食させた経験があるので、これを避けるには「アルミモデル」以外にするしかなさそうです。

事実「ステンレスモデル」は何年経ってもツルピカなので!

 

もしあなたが、Apple Watchを長く美しく使いたいのなら

「ステンレスモデル(またはそれ以上)」をオススメします。

 

lifesearch.hatenablog.jp