便利なサービス調べてみた

アラフォー男子は便利なサービスに興味津々。気になったサービスをとりあえず調べたり、体験してみたり。

これは絶対欲しい!カラフルiMac

f:id:lifesearch:20210225213856p:plain

またもや盲点を突くリーク

これは嬉しい誤算でした。

リニューアルが噂される次期iMacは5色のカラー展開になるとのリーク!

 

iPad Air 4のポップなカラバリに魅せられたAppleファンは世界中にいると思いますが、なんとiMacにもそのカラーが継承される可能性が出てきました。

 

世間一般的にもiMacのイメージはクールなイメージで固まっていると思いますが、こうして見るとポップでカラフルなiMacは存在意義も需要もとても高いと思います。

 

これが実現されるのであれば、唯一無二のMacAppleアイデンティティ爆誕という事になるでしょう。

そうなると競合他社もこぞってカラフルな筐体のマシンを出してくる予感…

これは非常に楽しく革新的な現象になるのではないでしょうか?

 

 

一つだけ苦言というか、心配な点を上げると…

 

作業中は筐体の色はあまり関係ない事w

※まぁiPad Air4も同じなんですけどね…

 

iphone-mania.jp

iPhoneに、エキサイティングなことが待っています

f:id:lifesearch:20210224221239j:plain

Appleの2021年は?

Appleは現地時間2月23日にオンライン形式で年次株主総会を開催し、

その場でティム・クックCEOは

 

iPhoneに、エキサイティングなことが待っています」

 

Macに、素晴らしいことが待っています」

 

とコメントしたという事です。

 

iPhone12もまだまだ発売されたばかりと言って良い時期なのに、このコメントは余程の自信が無いと言えない筈だろうと期待が高まります。

 

順当に考えると、すでに噂が渦巻いているFace IDとTouch IDのダブル搭載が現実になる事を指しているのでしょうが、大穴で折り畳みiPhoneという線もなきにしもあらず…

 

個人的には折り畳みスマホというジャンルにはなんだかんだAppleは市場参戦しないと予想をしていますが、万が一ティムのコメントが折り畳みiPhoneを指しているのだとしたら…

 

う〜ん…

私の中ではどうしてもiPhoneと折り畳みスマホの融合が結びつきません…

個人的には折り畳みiPhoneには反対なのですがその心とは裏腹に、大幅に路線を変えたiPhoneもそろそろ必要な頃かも、とも思う複雑な心境。

 

いずれ2021年のApple製品も予測のつかない展開で楽しみな事になりそうです!

Magic Keyboardもニューモデル登場か?

f:id:lifesearch:20210222215049j:plain

突如湧いてきたリーク…

新世代iPad Proが出るという噂は、あらゆるリーカーによってなされていましたが、ここに来てMagic Keyboardも新世代が出るという噂が…

iPadは確率的に3月に発表される事が多く、どうやらiPad Proは3月の発表でほぼ間違いないのかもしれませんがMagic Keyboardについては全くの盲点でした。

 

個人的には今年の正月にようやくMagic Keyboardを入手する事が出来た身なので、なかなかに複雑な心境ですw

 

このMagic Keyboard、ネットでレビューを見る限りどちらかと言えば高評価だと思うのですが、個人的には目玉機能であるトラックパッドに少しばかり癖があるのが難点だなと思う次第です。

なぜかネット上ではトラックパッドに否定的な意見が皆無なのが腑に落ちません…

その点については後日記事にしたいと思います。

 

よって、新世代Magic Keyboardで気になるのは、このトラックパッドが改善されているのかどうか?

 

まぁ現時点では噂レベル…

もう少し情報が出てくるのを待ちましょうか…

Amazonさんからお手紙届いた…

f:id:lifesearch:20210219214850j:plain

すっかり忘れてたが…

年末年始はAmazonの「初売りスタンプラリー」に参加していました。

すると今日、突如Amazonから50ポイントの付与連絡メールが!

 

1等は10000ポイントのプレゼントという事で参加したのですが、

さすがに当たりませんでしたねw

 

ちなみに50ポイントはスタンプラリーが完成すれば必ずもらえる参加賞です。

わずか50ポイントではありましたが、Amazonからサプライズのメールをもらうのは悪くない気分ですw

 

私個人はGAFAから生活に恩恵を受けまくり。

(しかしFは大嫌い)

日々考えている事はAppleの事とAmazonの事が大半を占めている状態…

 

そしてApple信者としてぶっちゃけると…

 

Apple製品はAmazonのセール期間に買いましょうw

 

割引&ポイントバックで大分お得に買えますよ!

 

 

Apple WatchのSeries5のステンレスモデルが過去何度も半額近い価格でセール対象になっていたので、次の機会があれば睡眠トラッカー用にゲットしたい所です。

 

本来は欲しい時が買い時ではありますが、基本的に値下げされないApple製品はセール時期を待って買うのがおすすめです!

折り畳まなくて良いです。今のところ。

f:id:lifesearch:20210217215416j:plain

ちらほらと囁かれ続ける噂

折り畳み iPhoneのディスプレイについて、Samsung DisplayではなくLG Displayが開発中だという話が持ち上がってきました。

そもそも論として、折り畳みiPhone不要論大勢の中、様々な噂が出ては消え、あっちになったかと思えばこっちに…

 

本当にAppleが折り畳みiPhoneを開発しているとしても、こんなに時間をかけるでしょうか?

時間をかければかけるほど、扱いの難しいガジェットになるような気がしてなりません。

 

 

確かに現時点では折り畳みスマホの市場はほぼ無い様なもんです。

そこに切り込んで革命を起こすのもAppleらしい所ではありますが、いかんせん最初の噂が聞こえだしてから長すぎる…

 

AirPowerの様にリリース寸前でお蔵入りになった例もありますし、折り畳みiPhoneも似た様な道を辿る気がしてなりません…

 

 

うん。繰り返しになりますが、

ホントはそもそも作ってすらいないんじゃないの?

 

てか、折り畳まなくて良いです。今のところ。 

iPhone13はやはりTouch IDとFace IDダブル搭載が濃厚

f:id:lifesearch:20210215214001j:plain

やはり噂通りか?

iPhone13ではTouch IDとFace IDの両方が搭載されるという噂が、iPhone12が発売後からすぐに噂されましたが、にわかに真実味を帯びてきました。

Appleが現地時間2021年2月11日に生体認証に関する特許を取得したというのです。

時期的に考えて、これはiPhone13用の認証の特許と考えるのが自然な所、やはり噂通りの仕様となるのかもしれませんね。

ダブルは正直嬉しい

私個人は手汗マンの為、Touch IDはどちらかというと苦手。

iPadだとごくたまにしかTouch IDを触らないので、認証を弾かれる機会は少ないのですが、常に手の中で持ち運ぶiPhoneだと話は別。

急ぎ使いたい時に限って何度もTouch ID認証が弾かれる事が良くありました。

その為、基本的にはFace ID派なのですが、どうしても万能なワケではありません。

本来簡単で楽なはずなのに、Face IDも面倒に感じる人間の業よ…

 

さんざ世界中の人間が不満を感じているだろう、マスク姿での認証解除の不便さも相まって、

 

Face IDで弾かれたらTouch IDで解除しちゃうもんね〜♪

 

というフットワークの軽さが魅力。

それだけでiPhone13に買い替えを検討しても良いレベルではありますが先日、iOS14.5のアップデート後はApple Watchとの組み合わせでマスク姿でもFace IDが解除できる様になるとの噂もあります。

lifesearch.hatenablog.jp

こちらの方は大々的に報じられていますし、何よりパブリックベータ版もリリースされているので、あとは正式版のリリースを待つのみ、という所。

このiOS14.5の仕上がりにもよりますが、ストレスを感じない使用感ならばわざわざiPhone13に買い替える必要性は格段に下がりますね。

 

個人的にiPhone12は気に入っていますので、本音で言えばiPhone13には買い替える必要性はとても薄いです。

その他の機能については劇的に進化する可能性は低いと思うので。

いずれにしても私個人はiOS14.5の出来をすぐにでも味わいたい!

 

Apple Watchを愛するユーザーとしては、更なるWatchの活躍の場を楽しみたいのです。

さぁ、正式版はいつになるのでしょうか?

lifesearch.hatenablog.jp

さよならiPhone12 mini(4)なんかあんまり売れてないんだってね…

f:id:lifesearch:20210211191811j:plain

2020年10月13日…
ついに夢が現実にー。

 

噂されていたiPhone12 miniが正式に発表。
しかもなんとSE2よりも小さいボディサイズで。


でもFace ID搭載機種なので、ディスプレイサイズは5.4インチと申し分なし。
発表時の仕様を見て12 miniへの買い替えを決意した私は、予約当日の争奪戦に1分で注文確定を奪取。

 

そして2020年11月13日。


待望のiPhone12 miniが着弾!
パッケージの段階で既にミニマルすぎて驚く。
まるでおもちゃ並みw
そして本体を持ち上げて見ると…

 

小せぇw


軽っww

 

これぞまさに私が追い求めていたミニマルiPhone
私はこの興奮を十分に味わいました。

f:id:lifesearch:20210211191830j:plain

でもそれは3日…

たった3日間だけのランデヴュー…

 

着弾4日目から霞が晴れる様に、私の中で突如として顕在化するデメリットー

 

それは…

  • やっぱり画面小さい…
  • コンパクトすぎて逆に手に馴染まない…
  • 軽すぎてぶん投げてしまいそう…(マジ)

の3点。

f:id:lifesearch:20210211191852j:plain

 私は平均的な男性よりも手が小さいのですが、12 miniはコンパクトすぎてなんだか上手く操作できない…


それにXS Maxの感触が手に染み付いている私には、同じ力加減で12 miniを操作すると勢い余ってどっかへぶん投げてしまいそうになる…


そして、当たり前の事だけどXS Maxの視認性に慣れてしまっている私には5.4インチでは小さすぎる!

 

最大サイズのXS Maxから、最小サイズの12 miniへの乗り換えだから反動が起こる事はある程度覚悟していたのですが…

 

私の体はもうミニマルな端末を完全に受け入れられなくなっていた!

 

今、冷静に考えるとこんなバカな乗り換えをする人はそう居ないと思います…


最大サイズから最小サイズってwww
うん、結局全て自分の独り相撲でした…w

f:id:lifesearch:20210211192005j:plain

最終的にはサクッと4日目に12 miniの返品を決意し、代わりに即12 Proを注文。
12 Pro が届くには3週間待つことになりましたがホリデーシーズンだった為、年明けの1月20日まで返品期限が延長されていたのが助かりました。
これがApple Storeの最高のメリットですね!

 

結論としてiPhone12 Proは現時点で最高の相棒となっています。

 

こんな経験を経た、私からの提言として言える事は一つ…

 

最大サイズから最小サイズへ乗り換える様なバカな事はするな

 

ごめんね…
そしてありがとう…

 

さよならiPhone12 mini

 

 

P.S. 

4回に分けて記事をまとめていたら、iPhone12 mini減産のニュースが…

なんかあまり売れてないらしいですね。

日本人はiPhone12 miniの登場に相当沸いた様ですが

世界的には小さすぎるらしいです…

なんか…ごめんね…iPhone12 mini…

iphone-mania.jp