便利なサービス調べてみた

アラフォー男子は便利なサービスに興味津々。気になったサービスをとりあえず調べたり、体験してみたり。

さよならiPhone12 mini(3)大は小を兼ねない気持ちの時もある

f:id:lifesearch:20210209215644j:plain

大きさが正義に成り下がる

iPhone 7 PlusからiPhone Xにディスプレイの拡大化をした私はその重量に悩まされます。


一時は返品を真剣に考えるほどでしたが、周囲の羨望の眼差しに励まされ、どうにか慣れていきます。
慣れというものは凄いもので、当初悩んでいた重量はさほど問題では無くなりその結果、私は最大サイズ・重量のiPhone XS Maxまで拡大化。

 

iPhone XS Maxの売りは名前の通りに

 

「大きく」

 

「重い」

 

明確に突き抜けたモデルだったので、実機を持った時のギャップは感じず現実的に受け入れやすいiPhoneでした。


むしろ手のひら全体を使って、そして緻密な操作時は両手が必須なサイズである事が逆に安定感を持たせてくれるほど。
迫力の大型ディスプレイのXS Maxは何をするにも快適で本当に惚れ込んでいました。

 

なのに…

 


なのにまたもや生じる迷い…

 

f:id:lifesearch:20210209215236j:plain

噂で終わると踏んでいたSE2が…

私の心を揺さぶったのはiPhone SE2登場のリーク情報です。
当時のSE2のリーク情報ではSEサイズの筐体にFace IDが搭載されると言われていました。

Face ID派の私は、ミニマルなFace ID搭載iPhone登場の可能性に魅了され、それをトリガーに重さに対する不満が突如再びフラッシュバック…


我ながら面倒臭い奴だなと思いつつも、一気にミニマル待望派へと気持ちが傾いていきますw

結局この方向転換がApple Watch Series6を1ヶ月で手放す悲劇を呼び込むわけなのですが、ゆくゆくは「さよならiPhone12 mini」にも繋がっていきます…

 

結局、私の気持ちを掻き乱したFace ID搭載のiPhone SE2は登場せず、実際はTouch ID搭載のSE2が登場。


私のiPhoneのミニマル回帰欲はここで一旦消えたのですが、私の中に燻る火種は月日が経ってiPhone12 miniの登場が濃厚になり始めるとメラメラと再燃w

 

掌を返す様に

 

iPhoneは軽くあるべき」

 

という思いに支配されていきます。


そして私は本格的にiPhone12 miniの登場を恋焦がれ…

 

つづく…